#3インディーズバンド聴きまわり旅:chocol8 syndrome,セットラウンドリー

はい、こんばんは。

どどりです。

今日は23時のまもなく30分に差し掛かるところでPCを叩いてます。

今日で三回目です。

この変なブログ記事ですが、アーティストさんにも見てもらえてありがたいなあと思うと同時に、なんか申し訳ない。

ごめんなさい。こんな文章が楽しいんです。

気を取り直して、いきましょう。

:::::::::::::::::::::::::::::::

セットラウンドリー

https://www.bloomz.com.mx/setr/

2012年結成。「人と人との間に起こること。」をテーマに、Vo.島崎の描く繊細で短編小説のような楽曲が広い世代の支持を受け、2018年にはJAPAN JAMにOpening Actとして出演し、2020年に最も期待されるアーティストとであり、2020年2月には映画「霊犬戦士ハヤタロー」にてバンド初となる映画主題歌を担当する。

出典:https://www.bloomz.com.mx/setr/

はい、最初から実力派のバンドが来てしまった気がしました。

「ねえ、僕は。」

上手いなあと思います。特に低音が気持ちいいくらいに聴こえます。(メンバーチェンジはしているみたいですが。)

メロディーがキャッチーですごく聴きやすく、分かりやすいけれど、単純な音楽ではないのが感じられます。音にこだわっているなあと思います。

「メリー」

そして、「遅くなるから」。

聴こえ方がちょっとレベルが違うなあ。インディーズバンドというよりもメジャーデビューしているような、そんなバンドかと思ってしまう。それぐらいの楽曲の完成度だなあ。

一方、キーボードの下山さんですが、

た、たのしそうですね。。。これまた楽曲とのギャップがえらいこっちゃですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

chocol8 syndrome

https://chocol8.aremond.net/

はい、なんかにぎやかそうなバンドですね。

「ベイビーダンス」

しかしですよ、

ポップな感じと思いきや、重厚な音が根底にしっかりといました。

なんだろうなあ、その上と下がバランスよく楽曲の中で調和していて聴いてて「おおっ」とびっくりしました。

ミラクルにロマンス (2019Remasterd)

はは、確かにメジャーが全てじゃないと思いますけど、ぜひメジャーでどかっといってほしいなあ、このバンドには。

けっこうまったりと聴いてました。ですが、つぎの、この曲は、正統派って思うくらいストレートとに来ました。

「ティーンガールの憂鬱」

楽曲それぞれで、表情が多彩に変わっていて面白いなあと思います。表現のレンジが広いバンドです。楽曲もたくさんリリースしておられるのでちょくちょく聴いていこうかな。

そんでは。

どどり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください