⑤サマソニ大阪8/16:RANCID

Ocean stageはまだ設営中でした。


コロナナモレモモまではちがうステージでしたので、とうとうサマソニ大阪のメインステージに来ましたが、照明と音響のチェック中でした。

ヤバイTシャツ屋さんや10FEETなど多くのアーティストが、台風の影響を受けて出演キャンセルになりました。ニュースにもなってましたね。

どうも当日の8月16日は台風は過ぎ去ったとはいえ、明け方まで雨が降ってしまったようで、それによりサマソニ大阪の大きなステージ「Ocean stage」、「Mountain stage」の設営に遅れが生じることとなったようです。

(シャトルバスも当初所要時間20分が3時間にもなってましたね。)

そのため、Ocean stageに着いても座り込んでいる方は多かったです。


静かな空気が流れてましたね。


僕はランシドは観たいと思って、ポカリとビールを買って後ろの方で座ってましたが、

「ランシドも出演キャンセルになるのだろうか。。。」

と思ってしまいました。


出演キャンセルは、邦楽アーティストのみならず洋楽アーティストもなってました。ゼブラヘッドもでしたね。

ずっと待ちました。

ぼー、っと待ちました。

開始時刻を過ぎました。

ランシドの出演キャンセルのアナウンスや、ツイッターでのツイートありません。

だらだらと時間が過ぎてました、

ところ、

1台のマーシャルアンプが出てきました。

「あ、」って思いましたね。

少ししたら、前方エリアで歓声が上がりました。

そして少ししたら、アナウンスがあり、

「Ocean stageはランシドから始めます!」

と聞こえてから、もうみんな前方へダッシュですよ。

あのときの歓声やら熱気はすごかったと思います。

あんなことは、そうそうないなあと思いますね。

開始時間はもう30分ぐらい遅れましたが、やっとサマソニ大阪が始まったんですね。


このランシドのステージから。それまで、開催の映像とかアナウンス、無かったですもん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランシド、初めてライブを観ました。

感動ですよ。

音が違いました。大きく、厚がすごい。

洋楽のロックってこんな感じかと思いました。

ランシドは、本当に堂々としたステージで、セトリもかなり盛り上げるような曲順だったのではないでしょうか。

実際、もみくちゃでした。けれど、危ないモッシュはなく、みんな楽しく盛り上がってた気がします。

それにしても、楽曲がよくて、泣きましたもん、僕。

このあとも、ライブのレポート書きますが、ベストアクトでした。ランシド。

演奏するメンバーの後ろで、スタートしてから浮き上がるように出てきたRANCIDの文字と骸骨のキャラクターが、かなりカッコよく写ってました。

どど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です