透明感のあるボーカルっていいですよね。【歌い手 相沢】

こんにちは、こんばんは。

どどりです。

今日はもう2月になりました。

はやいですね、逃げまくってますね。

ということで今日も頑張って記事を思いついて書いてみます。

最近、透明感のある声に惹かれてます。

えっと、最近はもっぱらspotifyで知らないアーテイストが流れてくるのを受け身で聞いてますが、

時たま、

「透明感のある声をしてるなあ」

と感じるアーティストさんが出てくるので、名前とかを気に留めるようにしてます。

それで、いまよく聴いているアーティストさんは、「相沢」さんです。

確か、最初に聴いたのは、souzoucityの曲でしたね。

えっと、特に透明感を感じるのは、サビ等で声を伸ばしたときですね。

僕のブログでは、ちょくちょくミッドブースターの声のアーティストさんをピックアップしてますからちょっと違いますね。

ミッドブースターの声っていうと、ヨルシカのボーカルのsuisさんや、緑黄色社会の晴子さん、あたらよのひとみさんといった、高音のうち、高すぎるところまでいかずにちょうどいい音域で保つことができる声の方がいて、僕はとっても好きです。

ですので、高い声っていうのは、あまり高すぎるのはちょっと敬遠をしていたんですけど、

高い声でも、

不思議な声の人っているんです。

透き通っているというか、透けて見えるかのような声っていえるんかよく分かりませんが、

聴いていて、びっくりする声ってあるんです。

だから、souzoucityさんの事はとても気になっていて、たまに聴いていたりしましたが、

この前、だれがボーカル調べてみたら「相沢」さんって方と知りました。

ということで、今日は相沢さん特集です。浅いですが、とりあえずピックアップです。

ベノム · Aizawa

リズム、演奏はかなりテクニカルな楽曲ですが、

よりボーカルの声の感じが分かるかなと思います。

高い声になると、声自体が細くなって聞き苦しさがでがちですけど、これは綺麗に聴こえてます。

ハルジオン(cover)/ 相沢

あ、これはびっくりです。

YOASOBIさんの「ハルジオン」、僕はかなり好きで、あのユニクロがYOASOBIとコラボTシャツを作っていた時、僕はハルジオンのTシャツ買ったぐらいです。

この楽曲は疾走感もありながら、よりいっそうikuraさんの高音が顕著に出てる曲なんです。

もっと高い曲は、「アンコール」とかありますが、

ハルジオンは無機質、機械的な感じ、ボカロの色が少し混ざっていて、なんだかいいですよ。

藍二乗(cover)/ 相沢

ヨルシカの「藍二乗」も歌っておられました。

やはり高い声が綺麗に輪郭をとらえているなあと思います。

ただ、サビの浮揚感、爆発感がもっとほしかったなあと。

ヨルシカの本家と比較してしまいますが、suisさんのボーカルはサビでふわっとする感じがあるんです。僕だけでしょうか。

やはりオリジナルは強い、ということでしょうかね。

ということで、次はいたるところで書かれている、「相沢さんはツユの礼衣さんではないか」ということについて。

僕も聴きましたが、声の癖とかほぼ一緒なので、めんどくさいので同一人物としてツユの楽曲もピックアップします。(オリジナルかもしれないですからね。)

ツユ – やっぱり雨は降るんだね MV

高音部分がびっくりぐらい安定してます。

でも、さらに驚くのが、コロコロ表情が変わっている、輪郭が変わっている、けれでちゃんと綺麗に聴こえてます。

ああ、すげえなあ。

ツユ – 終点の先が在るとするならば。 MV

これは、

これは、

高いですね。ほんとに高いです。

この楽曲が収録されているツユのアルバム、ちょっと重いですね。それにもびっくりです。

この楽曲のテーマ自体は重めですが、それに高い歌声とメロディーが乗ってて、それはいいと思います。

悪者 feat.相沢(Official Video)

最後にこの楽曲です。

これはもうちょっと考えてみたいですね。

小説版があるみたいですので、また買ってみようかなと思います。

でも、これは最終的にお別れするストーリーなのかな。

どうなんでしょうか。

さいごに

中途半場ですか、こんな感じです。

そんでは。

おやすみなさい。

どどり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください