ロッキンジャパンフェスの場所が千葉県になりましたね。

こんにちは、こんばんは。

どどりです。

今日は終日、YOUTUBEを見て一日がすぎました。

最近面白いなあと思ってみてます。

ロッキンオンジャパンフェスの場所が・・・

さて、びっくりしたニュースがありました。

夏にある4大ロックフェス、ロッキンオンジャパンフェスが2022年は茨城県ひたちなかではなく、千葉県での開催になるようです。

これはびっくりしました。

昨年は、急遽、ジャパンフェスが開催できなくなって大きな話題になりましたけど、今回の決定はそれを上回ったですよ。

ジャパンフェスが開催されるひたちなかは聖地のように思えていて、僕は一回も行ったことがないけれど、そろそろコロナがおさまったら行きたいなと思ってました。

お金はたくさんかかるけれど、一回は行きたいなと。

しかし、今回、千葉県に移る経緯からしても、なんだか2023年以降も千葉の会場になりそうなニュースの中の文章でしたね。

場所が移ってしまうことで、ひたちなかの街、大丈夫かなと。

普通のレベルじゃない経済効果だったと思いますし、それに依存をしていた状況から一切変わってしまうわけですので、本当にお店が閉まっていく流れになりそうかなと思います。

いやあ、こんなことあるのだなあと思いました。

NFT用のデジタルデータ作成完了しました。

はい、またちょっと前のTwitterでも書いてましたが、

デジタルデータが出来ました。

これは、フルオンチューンNFTにするためにあれこれ考えて作ったデータです。

Symbolというブロックチェーンを利用してのNFTになります。

(ビットコインとかイーサリアムではないですよん。)

NFT-Drive

このNFT-Driveのキャンペーンに応募しておりましたので、NFTを作ってもらえることになりました。

また、このサイトで僕は自分がもっているNFTを確認してます。

NFTDrive DATA Explorer

すごい技術ですねえ。

このNFTもいただいたものですが、これはクオリティが格段に高いです。

↓↓

download.php (558×800) (nft-drive-data-explorer.tk)

このデータは分からないと思いますが、ブロックチェーンを利用してのデータなんです。

うまく説明できないですけど。

昨日のブログにも書きましたが、NFTの流れ、やっぱりきてます。

https://twitter.com/KawaiiGirlNFT/status/1478737601620492291?s=20

各方面でも。

そのうち、NFT-Driveで作成してもらえることに価値があると僕は思っています。

まあ、つくった作品の途中経過のものは僕のTwitter背景(?)に設定してあるので、

みれます。

いやーとうとうできたかなと思います。

(もうちょっとできるかもですが、この段階でフルオンチェーンNFTにします。)

コンセプトはまたまとめてみようかどうしようかと考えてますが、かなり色々考えて作ったものです。

また、他の方に見られるようになればいいなあ。

取り合えず、今日はこんな感じで終わります。

そんでは。

どどり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください