#14 インディーズバンド聴きまわり旅:ハイエナカー

徐々に慣れてきた毎日ブログ作成。

こんばんは。

どどりです。はい、今日はもう日は超えてしまいましたね。24時19分です。体内時計を狂わせないように、なんとか25時には寝ようとは思います。

ごはんを食べて、YOUTUBEでカジサックチャンネルをみて、ちょっと勉強して、ブログを書くルーティンですが、もうちょい続けていこうかな。

ところで、カジサックってキーボードで打ち込みをしようとしたら「火事サック」って変換されるのはなぜでしょうか。「家事サック」の方がいいのにね。

今日もよろしくどうぞ。

アーティスト:ハイエナカー

https://rock-is.tv/features/201704/5154

はい、まずは紹介ですね。「ハイエナカー」さんですね。

ハイエナカー

1994年生まれ 東京出身 身長153cm村瀬みなとが2017年からソロプロジェクトとして始動。​

サポートメンバーを向かい入れ、都内のライブハウスを中心にバンド編成で活動中。

​飾らない言葉と普遍的なメロディーをハスキーなハイトーンボイスで歌い上げる。

全てのレコーディング&ミックスを自身で手掛け、ライブはもちろん音源も大きな表現のひとつとなっている。

引用元:https://hyenacar.wixsite.com/unazukenai/biography

もともとは、「ヘンリーヘンリーズ」というバンドで活動をされていたみたいです。

ヘンリーヘンリーズ:「ソファー」

出だしから、GOGO7188の音がしたような気がしました。けっこう好きなんです。太い音楽、っていう表現が正しいのか分からないけど、そう思いました。

SPOTIFYタイムです。

そんでは、いつもどおり、spotifyで聴いて行きましょう。

ハイエナカー:「ゼロ」

ギターの金属音、シングルコイル、歪みが良い感じに聴こえる。それに中音域で、人間っぽい歌声、っていう言葉を思いつきました。ロックンロールだなあ。

ハイエナカー:「水色の船」

ジャケットからも伝わる、穏やかな音だけど、イイタイことっていうのが、歌詞と歌声にあるなあと思う。音のセッティングはシンプルなんだけど、シンプルなのにこのような音楽世界が表現できているんだなと。

動画も観る。

ハイエナカー:「水色の船」

SPOTIFY部分でもピックアップした「水色の船」のMVですね。

楽曲も自然にバックグラウンドで鳴っているけど、なんだかMVのストーリーに集中してしまったな。

こういうストーリーって、感情の細かいところもセリフなしで表現していて、引き込まれるもんだなあと。

同棲とバンド友達、あったかいものですね。という言葉で締めましょう。

おやすみなさい。

なんとか、25時前です。やったあ。

どどり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください