#7インディーズバンド聴きまわり旅:peeto,少年のように

書き始めたのは25日の20時前ですが、おはようございます。どどりです。

休日で、外出は極力控えてますので、またもやお昼寝をしたり、電子書籍を読んだりしてます。

それでも、ライブ行きたいなあと思います。

ライブ行くことは、当たり前にできてたけど、今はできない、してはいけないことみたいになっていますので、貴重だったなとつくづく思います最近この頃。

今回のインディーズバンド聴きまわり旅は「peeto」さんと、「少年のように」さんをピックアップしてお送りいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

peeto

http://athers-music.com/peeto/profile

はい、まず最初は「peeto」というバンドさんですね。

2017 年3 月に結成されたVo&Gt 野田択也 / Gt 鮨朗 / Ba 松井友哉 / Dr Koto からなる、千葉県柏発カルチャーロックバンド”peeto”。
ブラックミュージックやシューゲイザーなど歴史ある様々なジャンルをルーツに持ち、Vo.野田の天性の歌声によって現代に引き寄せられたpeeto 的”New Music”の提案。

出典:http://athers-music.com/peeto/profile

はい、聴いてみましょう。

「LOSEOUT」

おお、お洒落な印象を受けました。シンプルに聴ける、そんな印象がありますが、音の作り方、間と間での伸びのあるギター、あと柔らかく聴こえるボーカル。いいなあ。音自体も歪ませというよりも、ナチュラルな音、ギター、ベース、ドラムだなと。

こちらもかっこいい曲です。

「Life of Sugar」

根本にジャズがあるのでしょうか。このリズム、僕は好きですね。

動画も観てみましょう。

「Babymoon」

静かな曲という一言では表現できないなあ。ゆっくりなリズムの中で、ゆるやかに盛り上がるサビ、そこまでに至る部分もヘッドホンで聴いてますが、パートごとの音が綺麗にしっかり聴こえてくる。バンアパに近いような感じがしていいです。

************************************

少年のように

https://twitter.com/shonennoyouni

よし、つぎのアーティストにいきましょう。次は、「少年のように」さんです。

このアーティストさんはまだspotifyの配信がありませんでしたので、YOUTUBE動画から見ていきましょう。

「少年のように」

聴いてすぐに、びっくりしました。いきなりゆっくりとしながらも荒々しい音のベースで始まってきました。ギターはセキアコでしょうか。一瞬モズライトかと思いましたが、どうでしょうか。

構成はスリーピースバンドなんですが、こういう楽曲のスリーピースバンドはあまり聴いてなかったので、新鮮な気持ちです。あと、聴いている最中にフジファブリックを途中で思い出しました。

と思いきや、、、

「黄色の街」

一転して、激しい楽曲も動画でアップしてありました。

そして、Twitterを見てみると、

激しい曲が多いですね。

なんというか、伸びしろがあるなあと思いました。少し前に特集をした古墳シスターズもですが、勢いがあるバンドを見つけるのは楽しいです。

もっと、楽曲を出してほしいですね。

どどり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください