(33) Novelbright:サヌキロック2020

https://media.framu.world/novelbright-recommend/

こんばんは。

ノーブルブライト、これもすぐにブレイクしても可笑しくないバンドですね。

どうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

他の人のブログで勉強!

いつも通り、まずは他の人のブログで勉強なりしましょう。

Novelbrightを「嫌い」「売れた理由がわからない」「ダサい」「魅力がわからない」という人に向けた記事 – オトニッチ-音楽の情報.com-

ちょっと、厳しいブログを選んでみました。

僕もTwitterを毎日見てますが、

このツイートが物議というか、なんだか人の反感みたいなものを買っていたのを見ました。

えっと、どどりからすると、まあ日本人の謙虚さがないとから、ナルシストとかそういうマイナスな面の批判は出てくるんだろなあとか思い浮かぶんですが、

そんなものはどうでもいいんですね。

はい、自画自賛をすることは全然悪いことではないです。ただ、そのアーティストがすごいと思うのに必要なことって、アーティストが僕らリスナーに思わせるように洗脳しているわけではなく、リスナーが音楽を聴いて、楽曲を聴いて判断することなんですね。ファミレスのメニューを見てお腹がいっぱいになるような、まさにどこかの「仙人」のような上から目線で、ミュージシャンのどうでもいい面をみて、そのミュージジャンの底を見抜いた気になってしまうのは違うんですね。

僕は、このnovelbrightの音楽を聴いて、純粋にいいなと思いました。上手いなあと思いました。

え、だって聴いてみて、良い曲じゃないですか。オリジナリティとか似たような楽曲だとかはあるかもしれませんが、それを聴いてどう感じるかが全てなんですね。楽曲の前には真摯であるべきなんですね。あ、でも僕はnovelbrightさんは、サヌキロックで知ったわけではなく、spotifyで知ったわけでもないです。

桃月なしこさんって有名な方がよくnovelbrightさんのことをツイートしていたのがきっかけで知っただけですね。。。

動画を観ましょう!

↓動画はこちら

最初から分かりますが、ボーカルの高音がとても綺麗ですね。高い音を安定して発声できているので、声量がお化けだと思ってしまいます。

どこかの記事で読みましたが、ワンオクロックのコピーバンドをしていたみたいで、僕としては腑に落ちました。ワンオクのコピーをするって、演奏自体はまあなんとかいったとしても、ボーカルの力量で決まってしまうように思ってしまします。この竹中さんの歌声でしたら、おんなじではないけれど、高音の綺麗さ、レンジの広さでしっかりと聴こえると思います。

↓路上ライブもしていたみたいです。

以上です。

ちょっと内容が薄いので、また書き足しますが、これにて(;^ω^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↑予習パート。本日。

来ました、Novelbright!

今度は、ラーメンが食べたくなりました。

最近、麺類が食べたくてしょうがないんですよね。

さて、ノーブルブライトは予習をしてましたが、セットリストはですね、なかなかです。ええなあと。

セットリストのプレイリスト

この時間帯はけっこう予習してましたが、急ぎで次にいきます。

今は16:21です。

そんでは。

どどり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください